(1756〜1829)清長・歌麿・栄之この三画人が肉筆美人画の三大巨匠と在世当時から言われて来たが、その内でも最も盛名高く、清潔感のある優美な女性美をあくまでも追求し評価されて来たのが栄之である。武家の出身のせいか大変上品できりっとした美人画が栄之の特徴である 細田丹波守三世の孫、時行の子として生まれ、名を時富、俗称を彌三郎という家禄500石の武士出身の浮世絵師です。はじめ狩野栄川院典信に学び、のちに鳥居文龍斎に師事し浮世絵を学びました。 肉筆・版画ともに優雅な美人画を数多く描きました。 寛政元年(1788)に隠居したと伝えられていますが、それ以前からもかなりの数を作画しています。 天明期(1781〜89)に一世を風靡した鳥居清長に多大な影響を受け、スタイル抜群の健康的な美人画を次々に発表し、哥磨にまでも影響を与えました。寛政期(1789〜1801)に入ると、栄之独特の典麗な美人画をしたって、門弟も数多く集まり、哥磨と別の一派を形成して腕を競いました。風流五節句という5枚揃のシリーズものは天明末から寛政前期の作品と思われ、栄之の代表的作品のひとつと言えます。艶っぽい哥磨の作品に比べ、武士出身だけに清楚な画趣を感じさせると一般的に言われています。

鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎
鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎
鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎 鳥文斎