1752〜1815(宝暦二年〜文化十二年)江戸浮世絵界の名門鳥居派は役者絵をお家芸とし、特に芝居の絵看板は鳥居派の独占であった。(現在もこれは続いている。東京の歌舞伎座絵看板は鳥居派九代清光師)清長は初代鳥居清満(鳥居派三代宗家)の門下で修業し、四代目を継いだ人物。後に狩野派など他流の絵も取り入れて清長流ともいえる独自の画風を確立した。また師清満の死後は四代鳥居派宗家となり一門をまとめている。清長を世に知らしめたのは鳥居派お家芸の役者絵ではなくむしろ清新な「清長風」美人画である。清長の描く美人画は鈴木春信および後の美人画界に大袈裟に言えば革命をもたらした。清長のこの画風は天明期(1781-89)を最盛期とし、歌麿、春潮、俊満等後進の絵師の美人画にも大きな影響を与えた。鈴木春信のそれた夢幻的でロマンティックな細身で繊細な美人画対し、清長はのびのびと背の高い健康的な八頭身美人は、でどっしりとした体つきの健康的な女性像で知られる。

清長 清長 清長 清長
清長 清長 清長 清長
清長 清長 清長